スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブ直前!

20選は……もうタイミング逃しちゃったからまた折を見てでいいか。

明日からライブに向けて東京に移動します。
13色ペンライトも無事届き、今か今かとライブの時を楽しみにしていますw
今回はライブだけでなくついでに東京観光もしようと滞在期間を13日までにしました。
どこかオススメの場所とかあったら教えて下さい!
とりあえず、中野のミュージアムには行かねば!

ニコマス20選 2012下半期

前の記事から1ヶ月以上経っちゃったね!
よろしい、ならば20選だ!
というわけで、今回もやります20選。
これ、作るの結構時間使うんで中途半端に終わったらごめんなさい。
卒論ェ……。

①うけうけさん


下半期最初に心奪われたのはこの動画でした。
なんていうか、おしゃれな動画なんですよね。
どんどん音が合わさって賑やかになっていく。
音楽って楽しいなと思わされます。
そこにアイドル達が加わって映像としても凄く面白いものになっていく。
いや、この発想はなかったですわー。

②格無しP


二つ目はこれ。
もうね、吹奏楽で隣に…とか私ホイホイ以外の何物でもない。
原曲からして壮大な曲なので、吹奏楽アレンジとか絶対楽しいことになると思ってたんですよね。
よくぞ実現して下さいましたという感じです。
しかも、このアレンジはチューバにソロがあるじゃないですか!
チューバ吹きにとってはたまらんですな!

③妖狐P


お次はこれ。
もうね、これ最初見た時は吹きましたw
「これ、そういうゲームじゃねぇから!」ってw
なんか銃撃戦とか始めそうなノリですよね、もはや。
でも、不思議とこういうものが形になるのもアイマスとニコマスの魅力なんだろうなぁと思わせてくれる動画でもありました。

④YCTさん


続いてこちら。
機種は違えど同じ音ゲーマーとしては面白いなと思わされた一作。
アイマスで譜面作ろうという面白い発想。
色を前面に押し出しながら細かく映像が切り替わるので見る人を選ぶかなと思いますが、こういう柔軟な発想は憧れます。
ユビートでもこんなの作れるかしら……。

⑤飴以下P


大好きなキサラギネタから一つ。
なんと手書きのキサラギ。手間がかかってます。
サムネに持ってこられたアイキャッチは卑怯の領域w
なんとグレンラガンを思い起こさせることかw
絵も丁寧で色使いも非常に好み。続きがとても気になります。

⑥七瀬さん


今期、見た回数だけならこれが一番かもしれない。そんな動画です。
僅か15秒。メインに至っては7秒程度。
しかし、その7秒が凄まじい。
よくぞまぁ、これをやろうと思ったものだと感心せざるを得ません。
言葉を失ってひたすら繰り返し再生してました。
上のキサラギもそうですけど、手書きって凄いなぁ……。

⑦ホッペ君P


オールスターが熱い!
ということでこの動画。
それぞれユニットを組んで、若しくはソロで、フェスを戦ってるという感じなのかな?
凄く好みの作品です。場面の繋ぎ方とかエフェクトの入れ方とか素晴らしい。
この人、ほんとにホットペッパーのネタから始まった人なのだろうかと思わされてしまいますw

⑧みるくまんさん


下半期、いくつかわけのわからない動画が投稿されることがありましたが、そのうちの一つ。
最近流行のニコマスMADですが、背景が変わってたり文字が出てきたりと色々と謎の技術が使われてます。
勿論、技術が凄いだけではなく、映像美も見惚れるものがあります。
まるで意味がわからんぞ!

⑨しおりのたなさん


続いてもうひとつアニマスMAD。
言わずもがなという存在感を放ち続けたこの作品です。
映像を作る技術は勿論なんですけど、なんというかリズム感が凄い。
曲の持つ勢いをそのままにアニマスの魅力が表現されてます。
元気になりたい時につい見てしまう動画です。

⑩kirikoさん


MMDからはこちら。
なんだかニコ動を象徴するような動画でした。
踊ってみたがあって、演奏してみたがあって、そしてMMDで作って映像になる。
これぞ二次創作の楽しみだよなぁと思ったり。
最後の小ネタ集にもクスリと笑わされます。

⑪華涼さん


まずはタイトルにやられたw
残念ながら元ネタの方についてはアニメしか知らないのですが、この動画はそれでも凄いと思わされました。
まず高度なコラ技術。一枚絵と言われても全く違和感がない。
そして、画面構成。奥行きのある表現に引き込まれました。
で、このゲームはいつ発売なんです?

バイトの時間が近づいてきたのでとりあえずここまでで。
また夜更新したいと思います。

冬ライブ!

無事冬ライブの参加が決定しました!
今回は夏が嘘のようにSFが外れ、web先行も外れという状態だったんですが、知り合いの方が当選し、二枚の内一枚を分けてもらえることに。
手に入ったのは夜の部の方だけですが、本当に楽しみだなぁ!
幸運にも13色サインライトも再販で押さえることができ、着々と準備が進んでおります。

就職先の研修とか卒論とかが被りませんように。
今の不安はそれだけです……。

ニコマス2012年上半期20選

さてさて、今回もやってきました。20選の季節です。
遅刻になってしまう前にまとめてみんとす。
ではでは、PV枠から。

①mayasさん


まずはこれ。有名なじゃんがりあんパロから一つ。
L4Uや手書きでのパロは既にありましたがこれはまた一段と凄い。
個人的には響のシーンに笑わされましたw 
いや、我那覇くんと言う方が正しいのかな?

②CAMELP


続いてはこれ。暫くランキングを賑わせましたね。
モバマスがカードの形をとっているのをうまく利用した素晴らしい作品だとおもいます。
全体的に訳のわからない技術が使われているのも目を奪われます。
合作告知的な作品のようなのですが、結局本編ってきたのかな?
もう六月は過ぎてしまったのですが。引き続き楽しみにしてますー。

③Pボウイさん


さて、今期ランキングを賑わせたと言えば、もう一つはこれでしょう。
もうね、こういうオールスターものは大好物です。
しかも、お互いに競い合って頂点を奪い合うみたいなのはなかなか見かけないのも大きい。
皆で仲良くっていうのは結構あるんだけど、その一方で一組しか立てない頂点を目指す作品である以上、
こういう図式も自然に組み込めるし、「らしい」視点だと思います。
あとは、大文字とそれぞれのアイドルのカットに脱帽。ひたすら引き込まれます。

④hirokiさん


さて、アニマスからはこちらの動画を。
曲の良さやシーン選びのうまさもさることながら、一番魅力を感じているのはリズム感を意識したカットの入れ方です。
曲のラインに合わせてシーンが切り替わっていく様は本当に心地いい。
引き込む為にあえて上下を隠してそこに曲のタイトルと歌詞を入れるというのうまい構図の使い方だなと思いました。

⑤gammさん


さて、アニマスと言えばもう一つ。今期はこれが外せません。
もう本当に大爆笑。一つ一つの長さがそれ程ないこともあって繰り返し再生してしまいますw
チョイスはお気に入りの五話を。
はるちは(銃撃戦)やみきはる(銃撃戦)は本当に見所ですよw
しかし、ここのアイドルは本当に物騒だなw
これからもうpを続けろ。OK?

⑥ラクーンP


>ハイカラですね
ということで、こちらはアニマス×ペルソナ4もの。
同時期に放送された作品ということもあって、非常に楽しませてもらいました。
特にサビに入る前の一文には感じ入るものがありました。
「Bonds of people is the true power 」
「人々との絆が本当の力。」ペルソナ4もアイマスも同じことをテーマにした作品ですよね。

⑦ヨナP


続いて、MMD枠にでも。
「包装事故」とか「その発送はなかった」とかタグがついてますが、本当にその通りです。
いやね?サムネの時点で例の再現なんだろうなとは思ってましたよ。
再生してBGM聞いたら、「ああ、あの事件を壮大なBGMで再現して笑いを取るんだろうな。」と予想はつきましたよ。
ところがどっこい!後半の流れは完全に予想外!
いやぁ、人って面白い方向に予想を外されるとあんなに笑えるもんなんですね……。
ほんと、「発送の勝利」ですよ。

⑧ぱにょぺらんP


MMD枠からはもう一つ。
キサラギの架空戦記……でいいのかな?
MMDを使っての壮大な戦闘シーンには度肝を抜かれます。
必殺技のシーンとかめちゃめちゃ手間かかってそうだよなぁ。
この回ではとりあえず、ハルシュタイン閣下のカリスマがやばい。
そりゃあ、いおりんも惚れるわ……。この人、カリスマカットの作り方が非常にうまい気がします。

⑨鳴瀬真奈美さん


ユーザーネームとは違うんですけど、お名前があったのでこちらにしておきます。
なんと、こちら本職の声優さんによるモバマスアイドルのアフレコ動画です。
どのキャラもイメージに近く、皆とても「らしく」できあがっています。
これはモバマスCD化の際に採用あるで……。
個人的にはパッションアイドルが沢山で大満足です!
とときんとか!茜ちゃんとか!
という訳で、ここからは少しモバマスに走ります。

⑩紳士猫P


ノベマスから一つ。
モバマスアイドルのノベマスを沢山作ってらっしゃる紳士猫P。
その中でもこの作品が特にお気に入りです。
モバマスが出来てから765プロのアイドル達が「追いかけられる側」になったことで描けるようになった物語というのは増えたように思います。
そんな視点からの一幕。
まだまだ手の届くところにはいないけれど、その背中はしっかりと見えている。
そんなお話。

⑪ATP


歌唱はピウPなのでどちらにしたものかとは思いましたが、投稿アカウントを優先させて頂きました。
これ、発想はまだあった方だと思いますけど、歌うとこまで持って行きませんよね。普通。
ポケモンに合わせてアイドル選んでいくの大変だったろうなぁ。
動画も手が込んでるし、本当にしっかり作られた作品だと思います。
とりあえず、一度で把握することのできない情報量なのでついつい繰り返し見てしまう作品ですw

⑫玉ふたつP


そして、今回モバマスでオススメといえば断然これです。
まぁ、全体的な流れについては以前記事にしたので置いておくとして、
最新話では遂にしまむらさんが初試合。
初心者らしい壁にぶつかったり、いいライバルがまた一人増えたりと王道的な展開が進みます。
凛の方も少し胸の内をキャプテンに見せたりと進展が見られます。
そして、まだ見ぬ新しいチームメイトの姿も……?

⑬ねむP


あのねむPが帰って来た!
アイマス×ロボの手書きと言えばこの人。
今回はガンダムに限らず色々なロボットとモバマスアイドルをクロスさせてくれました。
ほんと、この人の画風は好みだわぁ。見ていて飽きません。
とりあえず、日野ちゃんかわいい!

⑭nashiさん


続いて、前の動画から手書き繋がりでこちらをオススメ。
サムネの春香さんの笑顔に釣られて開くとなんといいオールスター動画か。ティンときた!
「心配せんでも幸せシリーズ」と呼ばれるシリーズで元ネタがあるのですが、
それぞれのシーンに対するアイドルの配役が光ります。
また、忠実にトレスできていないと仰る一方で、アイドルのイメージに合わせたアレンジがされているようにも思います。
特に雪歩の表情なんかはいい味が出ている気がする。
とりあえず、Pのリア充っぷりがやばいです。そのまま幸せになりやがれ!

⑮カマトロP


さぁ、アイマスで手書きと言えばカマトロP。
カマトロPと言えば今期はやはりこれでしょう。
アフレコまでなされたこの作品。
絵もそうなんですが、本当にこの人は言葉遣いがうまいと感心させられます。
あとは、お話の作り方。起承転結がしっかりしているので安心して見られます。
冒頭から仕掛けを施しておいて、最後に一言で回収するのはやっぱり落語の影響なのかなぁ?
とにかく「オチ」がうまいと思わされる作品です。

⑯ハリアーP


手書きと言えばもう一人。個性的なキャラクターを作るこの人も外せません。
急に息を吹き返し、怒涛の勢いで一つの章を終わらせたこの作品。
物語も終盤に入り、どんどんと盤上の駒が消えていきます。
ただ、「想い」は影響され、変わり、消えて、託されていく。
残っている者は「想い」を胸に戦っていく。
さぁ、結末は。
いつ再開されるのかはわかりませんが、心待ちにしているシリーズです。
この人の台詞回しも独特だよなぁ。

⑰ガルシアP


さて、独特といえばもう一人。
周りとは違った世界観の作品がここにあります。
主人公達とは離れたところで行われる一つの戦い。それに決着が着きます。
ただ、全く関係がないのかと言えばそうでもなくて。
彼女が一つ踏み出す為の場所になっている。
一つ前の動画もそうですけど、本当にこの二人の作品の先は読めない。
それ故に楽しみを駆り立てられてしかたない。
そんな素敵な作品です。

⑱れぐみんP


さて、ではガルシアPの名前が出たところで最後にぐるm@s!枠でも。
今回のぐるm@s!は豪勢でした。
その所以たるこのOP。それぞれのモーションにそんな使い方があったかと驚かされてばかりでした。
あと、食べ物の画像がうまそうすぎる。迂闊に見ると腹が減ります。
この動画、間違いなく半分くらい食べ物が主役です。

⑲こたつにアイスにみかんP


アニマスにはこんなに食べ物に関するシーンがあったのかと驚かされる作品。
ほんと、この動画ではアイドル達は食べてばっかり。
でも、そんな彼女達もかわいいんですよね。
まさに「いっぱい食べる君が好き」です。
気持ちが温かくなってきます。

⑳ニゴリP


あ、どうぞお構いなく。
ちょっと久々に続編を投稿した自分へのご褒美に端っこに置いとくだけですので。
再開を喜んで頂くコメントを頂いて本当に嬉しいです。ありがとうございました。
お陰様で大百科まで作って頂けるようになりました。
今後ともご贔屓に。

サムネ1選
鉄パイP


そして、最後にサムネ1選はこちらをチョイス。
毎回毎回手の込んだ一枚絵が楽しみな作品。
アイマス×Fateということもあって、その独特な雰囲気も非常に惹き込まれます。
特にこの回は春香さんの演出への気合がやばい。
春香さんのクラスがアレなこともあって、恐ろしい戦闘になります。
てか、春香さんの宝具えげつねぇや……。

7thライブレポート

疲労やらオフ会やらですっかり遅くなってしまった。
拙いながらもライブレポート書いてみんとす。


今回、私は幸運にも二日参加することができたので、まずは23日に横浜へ。
物販のこともあるので前日入りも考えたのですが、費用と連れの事情から断念。新幹線での移動に。
着いたのは9時半。実を言うと物販の開始が9時からになるとは思ってなかったので、早めに取った切符の関係から完全に出遅れ。
ツイッターで並んでるのが4000人くらいという情報があったのでそれならと並んでみると結局買えたのは15時過ぎ。
これ、絶対4000とか5000ってレベルじゃなかったよ……。
その時間になると結構売り切れの品とかも出てましたが、どうにか残っていた白のライブTシャツ・メッシュキャップ・ポスター・パンフレット・団扇・扇子・ネックストラップを確保。売り切れ以外殆ど上から全部状態でしたw
物販は途中でアニメイトと公式の列が分かれることになったので、購入後アニメイト列に並ぶか迷いましたが、時間が時間だったのでコンディションを整える為にも二日目に並ぶことに。
その足で今度はコール本を頂きに近くの公園へ移動。清清しい挨拶と一緒に完成度の高いコール本を頂きました。
これ、ホントにタダでいいの?お金払うレベルじゃね?
これが噂の萩原組か……。

その後、腹ごしらえやドーピングを済ませいざライブへ。
入場したところのフラスタや新作サンプルなどをしげしげと眺めながら二階へ。
すると、なんということでしょう。二階にアニメイトの物販があるではありませんか。
色々と売り切れ状態ではありましたが、会場限定CDとプロデューサースタイルと缶バッジの購入に成功。
会場限定の二品を確保できたのは大きかったです。

そして、ライブ。
セットリストに変化はなかったので一日目二日目纏めての感想になります。
セットリストはリストにされてるサイトが既にあるので、詳細はそちらで。
今回のテーマは「みんなでいっしょに!」。
一日目と二日目の参加者に余り差が出ないようにという配慮なのかもしれません。

開幕は「READY!!」と「CHANGE!!!!」。
今回のライブはアニマスメインで来るだろうとは思ってましたが、開幕ぶっぱともいえるこの二曲。
最初からこのテンションでもつのだろうかと心配になるくらい会場が沸きました。
その後も沢山の曲が歌われました。
アニマスからの「チアリングレター」や「マリオネットの心」、「晴れ色」、「Brand New Day」。
アイマスのライブの代名詞とも言える「キラメキラリ」や「いっぱいいっぱい」、「乙女よ大志を抱け!!」、「空」。
ひたすら黙ってサイリウムを振らせる「眠り姫」や「光」、「風花」。
どれも場を盛り上げ、引き込み、魅せてくれました。
個人的には3話再現の「ALRIGHT*」は凄く嬉しかったですし、初となるリアル竜宮小町による「SMOKY THRILL」には感慨深いものがありました。
特に釘宮さんのダンス。決して暇ではないだろう中でよくぞダンスまでこなしてくれました。
アイマスのライブで歌ってくれることも含めて、なかなか一緒になれないけれど、アイマスを想ってくれているように感じました。
そして、その後の「自分REST@RT」。会場を包むウルトラオレンジが眩しいのなんの。
コールもカンペキでこれからライブの鉄板曲になりそうな予感を感じさせる曲でした。
そして、この流れで間違いなく一番頑張ったのはあさぽん。
亜美として、真美として、そしてあさぽんとして。本当にお疲れ様でした。
その他、もう一つのウルトラオレンジの使い所の「キラメキラリ」の一体感は凄かったですし、「自転車」の皆の絶叫には飲まれたなぁw 「いっぱいいっぱい」流石の若林神。皆への煽りがうまいのなんの。
あとは「Next Life」。ぬーのダンスはひたすら目を釘付けにされるばかりでした。
釘宮さんのソロはないのかとハラハラしていたところに持ってこられた「DIAMOND」は待ち望んでいただけに本当によかった。

そして、今回のライブで一番アニマスへの意識を感じさせた「約束」→「見つめて」→「さよならをありがとう」→「私たちはずっと…でしょう?」→「いっしょ」。
もうね、曲を聞くたびに最終話までの流れを思い出して泣きそうでしたよ。
特に「見つめて」→「さよならをありがとう」の流れは本当にきた。
「いっしょ」の最後にアニマスと同じメッセージが入ってたのにも感動しました。

アンコールは「THE iDOLM@STER」。そして、「READY!!」。
なんだか最初と最後に「READY!!」がくるのにどうもメッセージ性がある気がしてならないです。
「READY!!」はアニマス第1クールのOP。始まりの歌で、これから後に繋がっていく曲。
だから、ライブはもう終わるけれど、まだアイマスはまだまだ続いていくんだよ。……なんて、考え過ぎですかね?


ライブ後はちょっとしたオフ会に参加。
人生初の名刺交換をしてきましたw 本当に自然な流れで名刺って出てくるんですね。用意しててよかった。
その際、二日目の物販を分担にする案が出て、二日目の物販はかなり楽をさせてもらいました。
そして、ライブが終わった後はそのまま大阪まで帰ってきて泥のように眠って無事終了。
本当に楽しい二日間でした。

初めてアイマスライブに参加してみて、皆が口を揃えて「次も参加したい」と言うのがよくわかるライブでした。
アイマスガールズの魅力やプロデューサーの皆さんの熱気、会場の高まっていく空気。
何よりそれが全部一緒になる一体感がきっとこの惹き込まれる感覚の理由なのではないかなと思います。
まさに「みんなでいっしょに!」、ですね。
だから、私も言っておきます。
次のアイマスライブ、絶対参加したい!!!!!

プロフィール

ニゴリP

Author:ニゴリP
細々とニコ動で活動しています。
ジャンルは遊戯王の架空戦記とノベマスです。
他にもお祭り参加作品がいくつか。
リンクのお願いはできないチキン野郎なので、もし「ティンときた」方がいらっしゃったらどんどん声かけてやって下さい。
アドレス出すことにしました。side_in_big◆yahoo.co.jpへ何かありましたらご連絡下さい。◆は@に変換お願いします。スカイプのIDなんかもこちらで。
ツイッター始めました!→nigoriP

作ってきた作品はこちら。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来て頂いた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お世話になっている方のサイトです。 是非足を運んでみて下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。