スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アポクリファ四巻読了ー。

さてさて、気を抜くとほんとに一月経って広告出ちゃうのなんてすぐだね!
おかしいなぁ、学生の頃はもう少し一月って長かったはずなんだけどなぁ……。

さて、今日の話題は『Fate/Apocrypha』についてのお話。
OFAについてはまた今度。色々感じたことはあるけれど、まだまだプレイ中なので。

さてさて、どうしていきなり『Fate/Apocrypha』なの?って話なんですが。
実は前から読み進めていた作品なのですが、私はあんまり本を読んだ感想を書くことをしない人間です。
なので、読み終わってもブログで記事にしたりはしてきませんでした。
ただ、今回のこの四巻は面白い。面白いというよりは「うまい」という表現の方がしっくり来るかもしれません。
そんな感動があって、文字数制限のあるツイッターでは語りつくせないので久々にブログのという手段を採ってみました。
当然のごとく、ネタバレ含むので格納しておきますね。
興味があれば是非読んでみて下さい。



●黒のアサシンについて
いや、彼女の扱いが本当にうまかった。
今まで本筋から離れて好き勝手に行動してた黒のアサシンとそのマスターと遂に戦うことになり、主人公のジーク君が襲われたところで3巻が終わります。
物語の大筋を考えると彼女達が主人公のジーク君に勝てるわけがない。
だって、これは殺し合いの物語でサーヴァントだけ殺すとかいう選択肢は彼女達にはないのだから。
暗殺専門のサーヴァントとたまたま成り行きでマスターになった魔術を知らない一般人。
器用に殺さないで済ませるなんてできない。戦うからには殺す。そういう組です。
けど、主人公は立ち位置的に殺せない。赤のセイバーのように因縁があるわけではなく、彼を殺せるような場面でもない。
なら、この黒のアサシンをどう脱落させるのか?
これが3巻を読み終わった時からずっと引っかかっていました。
ともすれば、物語の進行に邪魔だからなんて形で脱落していくのではないかと危惧してすらいました。
ところが、どうです。いざ、蓋を開けてみれば凄い役目を果たして脱落していったではないですか!
赤のアーチャーとルーラーに間に明確な因縁を作り、ジーク君に「人の悪」を見せた。
これで最終決戦のカードが自然と決まり、二人の聖人の戦いにジーク君の登場する理由ができた。

特に「人の善」に多く接してきたジーク君を揺さぶるほどに「人の悪」を見せたというのが素晴らしい。
ジーク君の周りにはルーラーがいて、ライダーがいて、アーチャーがいて、セイバーがいた。
聖女に、騎士に、賢人に、命を与えてくれた人です。誰も彼も「人の善」を彼に示しました。
勿論、ジーク君は「人の悪」知らなかったわけではないでしょう。
彼もそれなりの害意には触れています。でも、黒のアサシンが示したのはその程度のものではなかった。
「人は善なのだ」と何処かで思っていたジーク君が一気に揺れます。
この状態の彼が最終決戦で信念を違えるシロウとルーラーの間に立った時、どうなるのか。
それがこれから楽しみでなりません。
五巻発売はよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ニゴリP

Author:ニゴリP
細々とニコ動で活動しています。
ジャンルは遊戯王の架空戦記とノベマスです。
他にもお祭り参加作品がいくつか。
リンクのお願いはできないチキン野郎なので、もし「ティンときた」方がいらっしゃったらどんどん声かけてやって下さい。
アドレス出すことにしました。side_in_big◆yahoo.co.jpへ何かありましたらご連絡下さい。◆は@に変換お願いします。スカイプのIDなんかもこちらで。
ツイッター始めました!→nigoriP

作ってきた作品はこちら。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来て頂いた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お世話になっている方のサイトです。 是非足を運んでみて下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。