スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイマス1時間SS 「流れる時間は止まらないから」

ツイッターを導入して参加しやすくなったので、初参加してみたよ!
お題は「開催」。
プロデューサーがハリウッドに行った後、帰ってくるまでの間はどうなってたの?
そんなお話。
1時間10分かかったけど、これってセーフ?

続きを読む

スポンサーサイト

ストリートフェスタ!

去る3月20日。日本橋において開催された「第8回ストリートフェスタ2012」に参加してきました。
堺筋をホコテンにして行われるこのイベント、こちらの方では屈指のサブカルチャーイベントのようで多くの方がいらしていました。
折角参加したので、軽くレポでもしようかと思います。
私自身、どんなイベントかを知るのに多くの方のブログを参考にさせて頂いたので、来年以降の資料の一つにでもなればと思います。

堺筋のホコテン化とオープニングパレードのことを考え、12時過ぎに堺筋へ。
混雑してるかもと思って早めに到着するように家を出ましたが、杞憂だったようでそれほど混雑に巻き込まれることなく到着。
まだホコテン化が完了していないのでまばらではありましたが、コスプレしている人たちもいました。
そんな堺筋の中、ひとまず行きつけのゲーセンを目指します。
すっかり顔なじみになったゲーセンに入ると店員さんが一言。

「あー!それ、オカリンじゃないですかー!」

そう。この日、折角のコスプレ祭があったので私自身、「Steins;Gate」のオカリンこと岡部倫太郎のコスをしていましたw
人生初のコスプレだったので、色々考えて家にあるもので出来るコスプレを目指す形にw
店員さんもコスプレをしていたのでお互いのコスについて話したり、ゲームをやったりしながら13時のオープニングパレードまで時間を潰します。

最後に店員さんと写真を撮ってからオープニングパレードへ。
自衛隊のマーチや日本橋らしいロボットの行進、メイドさんの行進などとても面白いパレードでした。
僅かに位置取りを失敗した所為で写真撮るのには苦労しましたが(泣)

その後、パレードも終わって完全に堺筋がホコテンと化すと一気にコスプレ祭りに。
道や狭しと沢山のレイヤーさんとカメラマンが行き交います。
そのレパートリーの豊富なこと豊富なこと。
テイルズがいて、まどマギがいて、軍人がいて、ガンダムがいて、テトリスがいて。
鉄板で多いのは東方とボカロ。
クオリティーが高かったのは仮面ライダー。
なんとなく妖孤×僕SSが多かったようにも思います。
一方でアニメ効果を期待したアイマスは小鳥さんしか見ることが出来ず。
後に聞いた情報によるとマイディアヴァンパイアの美希と貴音がいたそうで。
見たかったなぁ……orz
あ、私と同じオカリンコスの人もいましたw
でも、結構助手とセットの人が多かったかなぁ。
リア充爆発しろ!

その後、少し横道に逸れてイベントブースの方へ。
日本橋の電気街らしさをアピールしたパソコンブースや今年漫画王国として建国する鳥取ブースなどがありました。
丁度お腹の減る時間帯だったので、その中にあった明石ブースに入り、鯛めしと蛸めしのおにぎりを購入。

「お買い上げありがとうございます。よければ、隣の握手会にご参加下さい。」

……ゑ?
どうも商品を買うと販促をしていた地元アイドルユニットと握手ができるようになってたようで。
言われるがままに隣に移動して、リアルアイドルと握手させて頂きましたw

「理科の先生みたいでかっこいいです!」

……コスプレしてるの完全に忘れてたー。

おにぎりを頬張りながら続いてストフェスの目玉の一つであるコインパーキングへ。
別にそんなイベントは全く行われていないのですが、そこのパーキングは痛車披露会場となるのが常らしく、それはもう大量の痛車が。
ここも東方やボカロ、エロゲなんかが多かったですが、その中からアイマス車を発見!
三台ほどあったのですが、その中でもオールスター車はセンスが凄かったです。
ホイールに加工する発想はなかったなぁ。
それもまたそれぞれのイメージカラーとシルエットを活かしたハイセンスな一品。
これくらいならいつか車持ったときにもできそうと思わせるくらい目の付け所の良いデザインでした。
ホイールだけなら上げても大丈夫かな?
アイマスホイール・寒色

アイマスホイール・暖色

でもこれ、普段はどうしてるんだろうw まさか二台持ちしてるんだろうか?

その後、地元中学生の吹奏楽演奏を聞いたり、コスプレ鑑賞に戻ったりしてると16時になり、ホコテン解除の動きが。
指示に従って歩道に上がるとぞろぞろとレイヤーさんが更衣場へと移動し始めます。
祭りの終わりの雰囲気をそこに感じていると、友達からのつぶやきが。

「リアルアイドルってなんぞー?」

……あ?
一応、事情を説明すると今からでも出てくるとのこと。
どうもコスプレに興味があったようで、暫く残っているであろうレイヤーさんを見に来るらしく、合流することに。

「ちょwお前もかよwww」

だよねー。こっちもコスしてるなんて思いもよらないよねー。

その後、レイヤーさんを探しつつ、折角なので痛車会場に案内。
流石に痛車はまだ移動してないから、殆ど変わりない状態だろうと踏みました。
予想通り、未だ賑やかだったパーキングを一回りして戻ってくると入り口辺りに人だかりが。
どうも、シュタゲのバイト戦士こと「阿万音 鈴羽」と「だが男だ。」で有名な「漆原 るか」のコスの撮影会のようで。
ファンディスクのメイド版ということもあって、物珍しさに野次馬に混ざると、るか子さんと目がぱっちり。
目が合っておいて逸らすのも失礼な話なので、一応笑っておくとあちらもにっこり笑って、

「あ、オカリンがいるー!」

コスプレしてるの忘れてたー!
あっという間に強制参加。
まさか、撮られる側に行くとはなぁ(遠い目)
渡されたドクペを両手に持って厨二病ポーズしてきましたw

その後、流石に白衣一枚では寒さを耐え凌げなくなってきたので、
ゲーセンの店員さんに勧められたことと友達と春休み中に飲みに行こうと約束してたこともあって、「CultureBAR W@VE」さんにお邪魔しました。
こちら、クリオネPというプロデューサー名をお持ちのマスターが開いておられるバーで、中にはたくさんのお客さんとアイマスやそれ以外のポスターがありました。
それでいて、オシャレなバーの感じもあるいい雰囲気のお店です。

さて、このクリオネP、生粋のバーテンダーでありながら、イベントの企画やお手伝いもこなすという生粋の雪歩Pでして。
こうなると何が生まれてくるのか?
……そう。アイマスのカクテルです。
メニューには表記されてませんが、注文すると各アイドルのイメージカラーや性格を表現したカクテルを作ってもらえます。
私はとりあえず雪歩を。その後、美希→やよいと飲みました。
こちらは許可を頂いたので写真上げようと思います。

まず雪歩。
雪歩カクテル

次に美希。
美希カクテル

続いてやよいです。
やよいカクテル

こ、こんなお洒落なお酒飲んだことねぇぞ!

ちなみに、このクリオネP、沢山のレパートリーを持ってらっしゃるそうで、最近はシンデレラガールズのカクテルも作ろうとしていらっしゃるみたいです。

「じゃあ、亜美真美ってやっぱり……」

「分かれてますよ。」

「覚醒美希とかあったり……」

「ありますよ。」

全部ノータイムで返事が返ってきます。
マジパネェっすwww
是非是非興味があれば一度行ってみて下さい。素晴らしいお店とマスターです。

さてさて、後半ストフェスの話じゃなくなってますが、最後に一つクリオネPにお誘いを受けたイベントの話でも。
アイドルマスター曲オンリークラブ&ライブイベントColorful Concerto2」というクリオネPが関わっていらっしゃるイベントがこの日曜日、3/25にアメリカ村で行われます!
詳しくはリンクから公式ブログに飛んでもらった方が分かりやすいとは思いますが、このイベント用にレッスンを積んできたレイヤーさんがそれぞれにアイドルを演じてライブをするというイベントみたいです。
コールとかもしっかりやられるみたいなので、7thライブの前哨戦よろしく興味があってご都合のつく方は一度考えてみてもいいかもしれませんね。
もう残すところ数日なので今更感半端ないですけど。
チケットはぴあとローソンで買えるようなので、入手自体は難しくないかなーと思います。

ではでは、今日はこの辺りで。
こんな長文このブログで書いたの初めてかもしんない。

待ってましたぁぁぁぁぁっ!

再開っ!
一年ぶりの再開っ!



そして、あのバニングさんをも凌ぐ連続投稿w
あの名作が帰ってきました。
去年の上半期に20選に取り上げといてよかった!
いや、全然そんなのは関係ないでしょうけど。

物語はどんどん終盤へ。
ずっと狙い続けてきたログエムへと美希が迫ります。
新たなキャラも続々と登場きました。39話にいたってはアイドルが殆ど出ないという事態にw
少しずつ少しずつ開帳されていく情報。
ログエムの狙いも見えてきたようにも思います。

そして、美希と一緒に乗り込んだ雪歩。その目的。
語るとネタバレになっちゃうので、投コメを抜粋。

雪歩「ここで全てを投げ出して…現実世界に還るのは「違う」気がする…
   私は…脱落して行ったみんなを見て来た…。だから…私にしかできない事…!」

うん、見くびってた。雪歩のこと見くびってたよ。
ログエムのとこに行くのはそういうことなんだよね。

ツイッターはじめました!

今度のアイマスアプリにツイッターとの連携が取り上げられていたので、ツイッター始めてみました。
前々から興味はあったんですけど、なんとなく始める気にならずそのままだったので、いいきっかけをもらいましたw

ニゴリP@nigoriPで徐々に呟き始めています。
宜しければフォローして頂けると嬉しいです。
あと、ツイッター初心者なのでマナーとかあったら教えて頂けると非常に助かります。
いきなりフォローとか駄目なんですかね?
これでニコマスPとの輪とか広がるといいなぁ。

新着情報

新企画ってこういうことかー



という訳で、オフィシャルで告知されてた新企画はエリアゲームのiPhoneアプリ化ということだったみたいですね。
地味にアイマスモバイルにスマフォでアクセスできないのはエリアゲーム的な意味で辛いものがあったので、漸くこれでスマフォからエリアゲームを楽しめるようになりますね。
実は就活に備えて去年にiPhoneを手に入れてはいたのですが、Nomakeやエリアゲームも捨てられず只今スライド式携帯との二台持ち状態でありますw
他にもタッチで反応が返ってきたり(これはいつぞやのハルヒのアプリと同じ感じでしょうか。)、写真撮影が出来たりと色々追加要素が多そうで何よりです。
HDで動くというのもスマフォの強みを活かした利点ですよね。
データの引継ぎもできるようで、現在プロデュース中の雪歩についても心配なさそうです。
しかし、こう綺麗に動くとなると一人集中のプロデュースは難しくなるかもしれませんね……。
だって、皆の動く姿が見たいんだもん!

そして、もう一つ。



オフィシャルにアクセスしたらこんなものの話があるそうじゃないですか。
エスコンを彷彿とさせる痛戦闘機ならぬ痛レーシングカー。
個人的に一番興味深いのは全員分の車があって、きちんとカラーを意識したカスタムがしてあること。
これ、全員揃ってレースとかしたら綺麗だし楽しそうだなぁ。
8台までしか走ってる図ないけど。
あと、気になるのはそれぞれの性能。痛戦闘機みたいにピーキーな性能になってたりするんだろうか?非常に気になります。
それと、公式サイトを見る限り「FIERA×春香」とか「RAUNA×真」とか書いてあるんですけど、この前半のアルファベットって車の名前ですよね?
これは是非とも「ことりつこの痛戦闘機講座」的な動画が欲しいところ。
やっぱり、宛がう車もアイドルのイメージを意識してたりするのかなー?
教えて、レーシングカーに詳しい人!

超NovelsM@ster

どどどどういうことだってばよ……

http://info.nicovideo.jp/imas_novemas/

公式が直々に声優さんを使ってノベマスにアフレコしちゃおうというこの企画。
遂にここまで来たかと驚くばかりです。
流石に公式が関わるだけあって、条件がシビアなのも目をひくところ。

・五分以内であること。
・BGMは規定のものを使うこと。
・二次創作画を用いること。

ざっと見ただけでもこんな感じ。
公式配布のBGM素材がありますが、これがどうも頭20秒くらいしかないらしいですし、
五分で物語書くって結構難しいんですよね。ごみゅますで痛感させられました。
「たるき亭営業日誌」なんかノベマスでは短い方だと思ってますけど、それでも7~8分欲しいですし。
アフレコできるキャラが限られてるのもなかなか厳しいかもしれませんね。
今回は雪歩・やよい・美希・千早・貴音の五人が対象ですが、この中に嫁がいない人はなかなかモチベーションが上がらないかもしれません。
何より厳しいのは立ち絵の「二次創作画」という条件。いつもの立ち絵が使えないってことですよね、これ。
んむむ、絵が描けないのはかなり痛手だなぁ。
テキストとBGMだけでも一応選考の対象になるというのはこういう人間の為の救済措置でしょうか?

さてさて、どうしたものか。
丁度上五人のうち三人で考えてたお話があるにはあるし、
時期的にぐるm@sに向けたリハビリにもなりそうだけど、この条件で形になるかなぁ……。
でも、ノベマスPとしては凄く惹かれるイベントですよね、これ!

あ、ちなみによくよく見返してみると丁度今日でニコマスデビュー3周年目のようです。
自分で気づいてなかってけど、ホワイトデーにデビューしてたんだなぁ、私w
これからも長々と細々と続けていくつもりですので、どうぞ宜しくお願いします。

7thライブ!

先日、3月9日はBD5巻特典のライブ先行申し込みの抽選結果発表日でした。
ちょこちょこ携帯を気にはしていたのですが、来るのは迷惑メールと帰省している友達のメールだけ。
「ああ、外れかぁ。」と落胆しつつも、未練がましくチケット販売のサイトへアクセスしました。
そこの文面によるとなんらかの事情でメールが届かない場合もあるので、きちんと自分で確認しろとのこと。
ここで一つ心当たりが。実は一度大量の迷惑メールに嫌気が差してフィルターを強化したことがあったような。
となると、確認しない訳にはいかない訳で。シリアルナンバーを打ち込んで画面を見るとそこには……

「当選」の文字が!

次の日に無事セブンイレブンで引き換え、友達の分も含め土曜日の席を確保しました。
とここまでしておいてなんですが、実は私ライブに参加するのは初めてでして。
早速アイマスのライブとはどんなものなのか、グーグル先生に聞いてみました。

どうも、始めのうちはちょっと周りのテンションとか訓練具合とかで引き気味になるみたいですが、気づくと順応しているとか。
サイリウムを持っていない人にサイリウムを配る紳士がいるとか。
コールがうるさくて曲がちゃんと聞こえないとか。
……何これ楽しそう!

そんなこんなで不肖ニゴリP、今漸くライブ参戦です。
「あれがあったらいいよ!」とか「ここは気をつけろよ!」とかありましたら教えて頂けると幸いです。
6/23は宜しくお願い致します。

……就活が被りませんように。

たるき亭営業日誌の隠し味

トラックバックってこれでいいのかな……。
初めてだからよくわかんないorz

http://d.hatena.ne.jp/midorimaru11/20110829/p1

こちら、去年の8月頃に緑丸さんによって「たるき亭営業日誌」の記事を組んで頂いていたようです。
いつもみてれぅからしか見てないから、見事に気づくのが遅れて反応が今更にorz
最近投稿した店内広告にも反応を頂いていたようで、ありがとうございます。
コメント投稿の画像認証が何回やってもうまくいかないので、こんな形で返信させて頂こうかと思います。

さて、なんだかえらく持ち上げられていて恥ずかしくなったり、本編内でも使えそうな見事な台詞を見せて頂いたり、色々とwktkな記事だった訳ですが、個人的に私が「たるき亭営業日誌」を作るにあたってこだわっている二つの部分について書かれているのは驚くとともに嬉しく思いました。

そのこだわっている点というのは、「『主人』のことを固定の名前で呼ばせないこと」と「『主人』はアイドルにヒントを与えるだけ」という二点です。
ほんとはもう少しお品書きを増やして私の中で更に一段落つけてからと好き勝手に語ろうと思ってましたが、こんないい記事を見つけた以上はこの二点については喋っておこうかと思います。
読まなくても別に以降の作品を召し上がって頂くのに支障はきたさないですよー。

○「『主人』のことを固定の名前で呼ばせないこと」
もしお時間があれば今までのお品書きをもう一度ご覧下さい。
コメントでも何度か頂いていますが、実はアイドルそれぞれに『主人』の呼び方があり、それぞれに違います。
美希には美希の、やよいにはやよいの、雪歩には雪歩の、伊織には伊織の、亜美と真美には亜美と真美の、
真には真の、春香には春香の、律子には律子の、あずささんにはあずささんの、千早には千早の呼び方があります。
これには二つ理由があって、一つは呼び方を変えることでアイドルそれぞれの個性を出したいというのがあります。
個性的な765プロのアイドル達。誰も彼もが一律に『主人』のことを呼ぶのではなく、呼び方にこだわることで彼女達の「らしさ」を引き出したいというのが根底にあったり。
二つ目は、呼び方を固定しないことによって『主人』のイメージをあやふやなままにしたいという理由。
一つ目の理由がアイドル達の「らしさ」を出す為のこだわりなら、この二つ目の理由が『主人』の「らしさ」を出す為のこだわりとでも言うべきか。
勿論、世話好きだったり、ぶっきらぼうだったり、そういう芯の部分は変えないんですけど、
それ以外の部分をあやふやにすることによって訪れるアイドルに合わせた「距離感」を描くことを目標としています。
そして、それは視聴者の皆様にも言えることだったり。
今回はきっかけになった緑丸さんに合わせて『主人』と呼びましたが、彼のことは皆さんのお好きな呼び方で呼んでください。
大将でもオヤジでもおやっさんでも。私自身、彼のことはなんと呼んでいいやらわかりませんw
……実は、この作品、「呼び方」というものには無駄なこだわりがあったりします。

○「『主人』はヒントを与えるだけ」
さて、こちらは結構気づかれてるでしょうか。
この作品の雰囲気を出す上で、ここを間違えると完全に別物になります。
『主人』は結構好き勝手アイドルに対して言いますが、それを受け取るのはアイドル自身というこの部分は変えられません。
だって、彼は料理人だから。
料理を目の前に置くことまではできるけれど、無理矢理食べさせるような真似はできない。
料理を食べるのはその人自身。
料理を味わうのもその人自身。
そして、美味しいと感じるのも不味いと感じるのもまたその人自身。
勿論、食べやすい形に整えはしますけど、咀嚼はその人自身が行わなければならないものでしょう。
だから、「ヒントを与えるだけ」。
これがうちらしいアイドルと『主人』の距離感の正体かなという気はします。


……こんなに長くなるとはw
こりゃあ、一度語っといて正解だったかもしれんね。
では、今日はこの辺で。
素晴らしい記事を頂いた緑丸さんに感謝を。
そして、何よりお品書きの追加を楽しみに待って下さっているお客様に感謝を。
今後ともご贔屓に。
プロフィール

ニゴリP

Author:ニゴリP
細々とニコ動で活動しています。
ジャンルは遊戯王の架空戦記とノベマスです。
他にもお祭り参加作品がいくつか。
リンクのお願いはできないチキン野郎なので、もし「ティンときた」方がいらっしゃったらどんどん声かけてやって下さい。
アドレス出すことにしました。side_in_big◆yahoo.co.jpへ何かありましたらご連絡下さい。◆は@に変換お願いします。スカイプのIDなんかもこちらで。
ツイッター始めました!→nigoriP

作ってきた作品はこちら。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来て頂いた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お世話になっている方のサイトです。 是非足を運んでみて下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。