スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE IDOLM@STER ‐シンデレラフープ‐

今、私の中で一番ティンと来ている動画なので、紹介でもしてみんとす。



最近、シンデレラガールズものにはまってまして。
タグ検索から出会った素敵な動画がこちらになります。
タイトルは「THE IDOLM@STER ‐シンデレラフープ‐」。アイマス×バスケの物語。架空戦記、というよりはノベマスに近い印象です。

世界観はちょっとした番組の企画が大当たりし、アイドルがバスケをやるようになった世界。
そのブームに乗っかり、「シンデレラ・フープ」と呼ばれる大会が開かれるようになります。
アイドルのみならず、一般も含めた9歳から31歳までの女の子の選手を募集するこの大会を制すことで、そのチームは二つの栄光を手に入れることができます。
「アイドルデビュー」と「世界への挑戦」。
この栄光をその手に掴めというのが基本骨子のよう。
主要面子はモバマスのメンバーなので、765プロのメンバーは既に大会を制した覇者、「765エンジェルス」として描かれています。
その中でも「リボンドリーマー」なる空中で軌道の変わる必殺パスを持つ春香さんは有名な様子。
千早に「青い鳥」なんて肩書きがあるところなんかも「765エンジェルス」の強さを想像させます。

主役は今のところ三人。
主人公は王道な島村 卯月。
特段自分に誇れるものがないと感じたことをきっかけに、以前から憧れていた「シンデレラ・フープ」への挑戦を志すように。
偶然というには運命的な巡り合わせから後述の二人と出会い、挑戦を始めていきます。
とはいえ、別段スポーツをやっていたという訳ではなく、憧れていただけの女の子なのでずぶの素人と言って差し支えない腕前。
ドリブルをすれば指を打ち、シュートすればゴールを飛び越え、走ってもよろよろとするばかり。
……かと思えば、パスを投げろと言わればコントロールできないながらも、憧れの春香さんの「リボンドリーマー」を初めてで投げてみせるという離れ業をやってみせる面も。
本人曰く、「家で型の練習はしてた」らしいが、到底それだけで投げられるものでもあるはずもなく。
未発展ながらも明らかに何か「持っている」。そして、なにより「バスケが大好き」というまさにスポーツ物の王道主人公といった感じのキャラクターになっています。

対して、二人目が渋谷 凛。
アメリカから帰ってきた天才少女という卯月とは見事に逆なライバル的キャラのポジション。
もしくは、二人目の主人公といった感じでしょうか。
卯月がバスケを始めるのと同じ頃に帰国。ちょっとしたきっかけから卯月と名前を知る前に顔見知りになります。
更にたまたま卯月の練習を始めたコートを訪れ、そこでチームに加入。「シンデレラフープ」を目指すことになります。
「シンデレラフープ」に参加する理由は「世界への挑戦」を勝ち取る為。
というのも、12歳の頃に実力を認められバスケ留学をするもののアメリカでの成績は伸び悩んでいたようで。
アメリカでの通り名は「裸のお姫様」。勿論、明らかな揶揄です。
一度「世界」に負け、それでも挑戦を諦めないハングリーなキャラに描かれているように思います。
卯月とは初対面のちょっとしたきっかけからお互いに印象が悪く、設定通りの性格もあってあまり息があっているとは言い難い関係。
ただ、凜は卯月の可能性を、卯月は凛の実力を気にはし始めているよう。
最初はいがみ合ってた二人が互いの理解を深めていくなんて展開も期待できるいい二人だと思います。
固有の技術として空中でステップを踏む「硝子の靴」なるものが存在。
「リボンドリーマー」もそうですけど、一体どんなシステムで成立しているのか気になるところです。

最後に三人目。愛野 渚。
モバマスでバスケとくれば彼女は外せません。
設定通り、凛と卯月が所属することになったチーム、「原田ウイニングラップ」のキャプテン。
さて、ここで疑問がありますよね。どうして「愛野」ではなく、「原田」なのか。
何を隠そう、昔にとある出来事があり、チームのユニフォームを着ているのは彼女一人だったのです。
そこにバスケを始める決意をした卯月とアメリカ帰りの天才である凛が加わります。
今のところは過去の出来事を抱えている描写から、少し弱い部分が描かれていますが、
初心者の卯月に対する態度にはキャプテンとしての面倒見の良さが、
卯月のパスが凛に繋がる様を想像して背筋を振るわせる様にはバスケを愛している様子が伝わってきます。
かつては「シンデレラフープ」をかなりのところまで勝ち進んだもののたった一人になり、そしてルーキーが二人加入した「原田ウイニングラップ」。
まだまだ初心者の卯月と実力はあるものの無愛想な凛。
この二人を纏め上げるならば、ここは彼女しかいないでしょう。
これからどんな復活劇を見せてくれるのか。ワクワクさせられる展開です。

その他、現在確認できているだけでもライバルチームに城ヶ崎姉妹や柚、肇に和久井さん。
かつてのチームメイトに上条さんと拓海さんに原田さん、これから加入するであろう面子に奈緒ちゃんと小日向ちゃん、
楓さんやのあさんといったメンバーの姿が見えています。
この多彩な面子がこれからどんなプレイや物語への関わり方をしていくのかとても楽しみです!
……182cmのあの子とかどうくるんでしょうね?


また、話の作りやキャラクター性等も大きな魅力なのですが、もう一つ大きな特徴が手書き立ち絵です。
基本は特訓前の立ち絵のトレスのようですが、ユニフォームを着てパスを投げる姿勢のものや
感情を端的に表すデフォルメ等表情豊かなアイドル達の姿を見ることもできます。
あとは、肉声SEかなw これは説明不要です。聞けばわかりますw

バスケが好きでお気に入りの子がいるようでしたら、是非一度ご覧になって下さい。
きっと楽しんで頂ける作品だと思います。

スポンサーサイト

「ぐるm@s!」再び!!!

あまりに機を逸し過ぎた。
20選は15選ということで勘弁して下さいorz



さて、そんなことは置いといて。
きましたねー、ぐるm@s。
皆様に楽しんで頂いた「たるき亭営業日誌」もこのお祭りから生まれました。
「食べ物」と「アイドル」をどう組み合わせるのか。
「作る側」なのか「食べる側」なのか。
「テーマ」なんかも考えると面白いかもしれません。
難しいようで簡単だったり、簡単なようで難しかったりするのがまた面白いところ。
どんな作品が投稿されるのか、今から楽しみでしょうがないです。

また、今回広告というものに初挑戦してみました。
あの広告とこの記事とで少しでも「ぐるm@s!」が賑わえばと思います。
勿論、宣伝コメントは本気ですよ?
暖簾、あげたいと思います。
暫く動画作ってない私ですが、賑やかし程度にはなるでしょう。多分。
……リハビリしなくちゃなー。六品目や八品目みたいな失敗がないようにしなくては。

……まぁ、四月から選考が始まる訳ですし、就活の状況如何なのですが。

アニマス!

漸くネット環境が復活しました。
この休みにはiPhoneを手に入れたり、試合の運営のお手伝いに行ったりと色々あったんですが、それはまぁ置いといて。

アニメ放映後の週末とあって、ランキングが賑やかですね。
という訳で、ネットも復旧したのでアニマス見てきました。
巷ではAV風とか何で今更キャラ紹介なんだといった不評もよく聞かれますが、私的にはかなりストライクゾーンにきました。
やはり、オールスター好きとしては今回のような全員に出番のある構成には惹かれるものがあります。
初めてアイマスを見る人には紹介回は必要だと思いますし、30分のアニメの中に765プロの皆の個性が番組形式をとることでしっかりと描かれていたように思います。
最後には驚かされましたけど。EDとED後的な意味で。
どうやら、2開始前の期間を描く物語ではないみたいですね。さて、そうなるとあずささんの髪はどうなるのか……。
作画も綺麗でしたし、これからにも期待できそうだなというのが感想です。

その後、録画しておいた放送前のニコ生の方も見ました。
とりあえず、ミンゴスのタイムリープには笑わされましたw
あと、マーガリンは可愛い。

さて、これで安心してアニマスMADが見られます。
これとか。



いや~、いいですね、これ。
昔、群像劇形式が難しくて借りてそのまま読まずにバッカーノは返しちゃったんですけど、これを見てると読みたくなってきます。
アニマス本編の紹介欄をうまく使ったいい作品だと思います。

生存報告ー

前作投稿から2ヶ月経ってしまいました……。
テストに入るまでにもう一作作らねばと地味に焦る今日この頃です。
進捗状況はとりあえず、おやじとアイドルの一通りの会話まではできました。
これからが一番肝心なところですね。

さて、せっかくの生存報告がこれだけではもの寂しいので、少し最近観た中でティンときた動画の紹介でも。



やよいとその学校の後輩の物語。
「たるき亭営業日誌」と同じように第三者視点の短編ノベマスです。
惚れたのは立ち絵を用いない表現方法やしっかりとした文章、やよいの「勉強が苦手」という設定の活かし方だったり、色々ある訳ですが、
一番心を捉えられたのは「y」と「p」の使い方です。
詳しく話すとネタばれになるので話しませんので、一度観てみて下さい。
こういう含みを持たせた言葉の使い方ってたまりませんな。




さて、こちらは視聴した方も多いでしょうか。
アイマス×テイルズということで、私の大好きなものがてんこ盛りです。
驚いたのは戦闘シーン。
流石にテイルズのようにとはいきませんが、ドット絵の千早が画面狭しと暴れまわる様には本当にびっくりしました。
こちらは連載作品のようなので、これからの展開を楽しみにしておこうと思います。
皆がどんなポジションで出てくるのか楽しみだなぁ。

じゃずます!

なんだこれはっ!



また暇を見つけてウソm@sの記事でも作ろうかと思ってたんですが、これは個別で記事にせざるを得ない。
留守番P作の「じゃずます!」。
その名の通り、アイドル達がジャズをするお話なんですが、これが凄くいい!

オールスターな部分であったり、それぞれにぴったりの楽器が割り振られている部分であったり、
アイドル達の集まる場所の設定だったり、その背景だったり、皆が音楽やメンバーとの会話を楽しんでる様子だったり。
そして、何よりBGMに使われる主題の「ジャズ」がウキウキした気分にさせてくれます。
やっぱり、ジャズを聴くとスイングしてきますね♪
久々に楽器吹きたくなったなぁ。

……これ、続いたりしませんかね?
プロフィール

ニゴリP

Author:ニゴリP
細々とニコ動で活動しています。
ジャンルは遊戯王の架空戦記とノベマスです。
他にもお祭り参加作品がいくつか。
リンクのお願いはできないチキン野郎なので、もし「ティンときた」方がいらっしゃったらどんどん声かけてやって下さい。
アドレス出すことにしました。side_in_big◆yahoo.co.jpへ何かありましたらご連絡下さい。◆は@に変換お願いします。スカイプのIDなんかもこちらで。
ツイッター始めました!→nigoriP

作ってきた作品はこちら。




最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
来て頂いた方々
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
お世話になっている方のサイトです。 是非足を運んでみて下さい。
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。